注目記事

週刊長野「私の歩み」連載中

長野県の地方紙、信濃毎日新聞が発行する週刊長野「私の歩み」欄に、研究所代表の私の連載が掲載されることになり、今年の元旦から毎週土曜日に連載が始まっています。

すでに18回目になりますが、25回ほどの連載予定です。研究所のホームページにこの連載を掲載しますので、関心があります方は、御覧になって頂けたらと思います。

2024年1月28日開催
ライチョウ復活報告会のご報告

2024年1月28日に中央アルプスの麓の宮田村で、「中央アルプス ライチョウ復活報告会」が開催されました。

報告会では、宮田村の小田切康彦村長さんの挨拶に続いて、午前から午後にかけて4つの講演があり、その後で、「復活した中央アルプスライチョウの将来と中央アルプス国定公園の在り方を考える」をテーマにした意見交換会が開かれました

2023年ケージ保護
放鳥した雛の多くが一ヶ月後も無事であることを確認しました

今年の中央アルプスでは孵化直後のライチョウ5家族を一か月間ケージ保護し、7月30日までに計28羽の雛を放鳥しました。
放鳥から約一ヶ月となる2023年8月26日~28日に3回目の調査を実施しました。
その結果、放鳥した28羽の雛のうち少なくとも24羽(86%)が放鳥約一ヵ月後も無事であることが確認できました。

ライチョウの保護活動

ライチョウの保護活動についてご紹介します
生息数調査・ケージ保護・中央アルプスにおける復活作戦を実施しています

News & Information