プロフィール

  • 1947年 長野県坂城町生まれ
  • 1969年 信州大学 教育学部 卒業。
  • 1974年 京都大学大学院 修士課程 修了
  • 1977年 京都大学大学院 博士課程 修了
         理学博士
  • 1980年 信州大学 教育学部 助手
  • 1986年 信州大学 教育学部 助教授
  • 1992年~2012年 信州大学 教育学部 教授
         専門は鳥類生態学
  • 2000年~現在 ライチョウ会議 議長
  • 2006年~2009年 日本鳥学会 会長
  • 2012年 信州大学を退職。名誉教授
  • 2015年~現在
         一般財団法人 中村浩志国際鳥類研究所
         代表理事

主な研究・活動

  • カワラヒワ・ブッポウソウ等の生態研究
  • カッコウの托卵生態と進化に関する研究
    • Science誌(1998年)、nature誌(2000年)にも論文を発表
  • ライチョウの生態と保護に関する研究
  • 現在は、ライチョウの調査と保護活動に従事

受賞歴

  • 2002年 第11回 山階芳麿賞
  • 2011年 日本鳥類保護連盟 環境大臣賞
  • 2015年 国土交通大臣賞
  • 2019年 信濃毎日新聞社 信毎賞
  • 2021年 日本鳥類保護連盟 常陸宮総裁賞
  • 2021年 安藤忠雄文化財団賞

主な著書