お知らせ
週刊長野「私の歩み」"Vol.24 日本鳥学会の会長に" が掲載されました

長野県の地方紙、信濃毎日新聞が発行する週刊長野「私の歩み」欄に、研究所代表の私の連載が掲載されることになり、今年の元旦から毎週土曜日に連載が始まっています。 すでに24回目になりますが、25回ほどの連載予定です。研究所の […]

続きを読む
お知らせ
ライチョウの写真展と公開講演会のお知らせ

1月28日に中央アルプス麓の宮田村で開催された「中央アルプス雷鳥復活報告会」に続き、2月4日から3月5日までの1ヶ月間、北安曇郡池田町の「カフェ風のいろ」でライチョウの写真展及び3月3日の池田町交流センターでの一般公開ラ […]

続きを読む
お知らせ
2024年のケージ保護の準備が整いました新着!!

 中央アルプス駒ヶ岳では、風衝地の高山植物が一斉に芽吹いて花をつけ(写真1)、ライチョウの雛がもうすぐ孵化する時期となりました。6月21・22日の両日、ライチョウの巣探しに駒ケ岳を訪れました。  ケージ保護を予定している […]

続きを読む
調査・活動報告
超党派「山の日」議員連盟総会でライチョウの講演新着!!

令和6年6月19日、衆議院第1議員会館で開催された超党派「山の日」議員連盟第28回総会(資料1)で、ライチョウの講演を行いました(写真1・2)。 演題は、「日本の高山のシンボル ライチョウ」(パワポ1)。 日本のライチョ […]

続きを読む
お知らせ
中央アルプス飛来雌 今年も生存

 この5月7日~10日、駒ヶ岳のある中央アルプス北部地域でライチョウ調査を実施しました。その折、絶滅した中央アルプスに半世紀ぶりに飛来した飛来雌(足環:赤赤・赤赤)が、今年も無事であることが確認できました(写真1)。   […]

続きを読む
お知らせ
近藤幸夫著『ライチョウ、翔んだ』出版のお知らせ

朝日新聞社を早期退職され、現在フリーの山岳ジャーナリスト近藤幸夫さんが執筆された『ライチョウ、翔んだ』が、2024年4月26日に集英社から出版されます。 絶滅したはずの中央アルプスに半世紀ぶりに一羽の雌が飛来したのをきっ […]

続きを読む
調査・活動報告
2024年3月3日 長野県 池田町でライチョウ講演会が開催されました

今回の講演会は、池田町にある「カフェ風のいろ」さん主催、池田町教育委員会後援で開催することができました。 2時間ほどの会の第一部は、「ライチョウを絶滅させないために-保護活動の現状と課題―」と題した私の講演会、第2部は「 […]

続きを読む
お知らせ
2024年1月28日開催 ライチョウ復活報告会のご報告

 研究所のホームページで事前にお知らせしましたように、先月1月28日に中央アルプスの麓の宮田村で、「中央アルプス ライチョウ復活報告会」が開催されました。 当日は、会場の宮田村村民会館大ホールに130人ほどの方にご参加い […]

続きを読む
お知らせ
(終了)復活した中央アルプスライチョウの報告会

 2020年に乗鞍岳で1ヶ月間ケージ保護した3家族と飛来雌1羽の計20羽からスタートした環境省の中央アルプスライチョウ復活事業は、その後毎年2倍、2倍と順調に増え、今年は計32なわばり、合計80羽ほどが繁殖しました。 そ […]

続きを読む
調査・活動報告
2023年最後のライチョウ調査を実施しました

2023年10月25日~27日の3日間、中央アルプス駒ケ岳で今年最後のライチョウ調査を実施しました。 3日間とも秋晴れの天気でしたが、この間に計45羽のライチョウを確認できました。うち40羽はすでに足環つきの個体で、5羽 […]

続きを読む